100往時を偲ばせる石畳と枯木灘の海岸線を歩む参詣道 ~大辺路3~

  • 西牟婁
  • 東牟婁

印刷する

熊野古道のなかでも主に江戸時代以降利用されたといわれている大辺路(おおへち)。JR和深(わぶか)駅から「富山平見道」、串本へ向かうコースです。まず、和深駅から古道に入ると、石畳道が70m以上続く「新田平見道」に。ここは大辺路でもっとも保存の良い古道のひとつ。現存する幅広い石段と石畳からは、多くの参拝者が往来した古道の姿を思い浮かべることができます。JR田子駅を経て、富山平見に上がる古道には、約200mにわたる、大辺路で最大規模の石畳道が残され、古道を歩く醍醐味を味わえます。その後、トンネルをくぐると国道に出て、海岸線をしばらく歩くと見えてくるのが、江田の氏神である徳大明神社。境内に置かれている不思議な丸石は、力石とも呼ばれ、成人や信仰の証しとして、石を持ち上げる神事が行われたと伝えられています。そこからの道は茫々たる太平洋に面し、東西に長く延びた海岸線は、この地方の特色であるリアス式海岸。吉野熊野国立公園の指定を受け、奇岩・怪石の雄大な景観に恵まれています。さらに、JR田並駅を越え、しばらく山間の国道沿いを東に向かうと、水族館などを擁する串本海中公園に到着します。

images古道の保存のため、発掘せずそのままにされている富山平見道の石畳。ボランティア団体や郷土史を学ぶ学生たちの手で補修されながら、当時の姿を保っています

images串本町江田の氏神である徳大明神社は、海沿いを走る国道42号沿いに鎮座しています

imagesローカル駅ならではの雰囲気を漂わせる田子駅

images幅広い石段と石畳が現存する新田平見道


モデルコース

  • 起点. JR和深駅

    徒歩で20分

  • 1. 新田平見道5分地図

    にったひらみみち

    総延長70mにもなる幅広い石段と石畳が美しい姿を残す古道。2016年に世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に追加登録された大辺路4道のひとつで、和深の舟並漁港から旧県道に交わるまで、約227mに及びます。

    • その他
    住所
    東牟婁郡串本町和深2098
    電話番号
    なし
    営業時間
    散策自由
    定休日
    散策自由
    料金
    散策自由
    駐車場台数
    なし

    images

    徒歩で40分

  • 2. JRきのくに線田子駅5分地図

    じぇいあーるきのくにせんたこえき

    国道42号から緑地帯を挟んだ先の集落に佇む無人駅。プレハブ造りの駅舎の中には待合所、横にはトイレがあり、休憩に利用できます。

    • 休憩
    住所
    東牟婁郡串本町和深2954
    電話番号
    なし
    営業時間
    散策自由
    定休日
    散策自由
    料金
    散策自由
    駐車場台数
    なし

    images

    徒歩で30分

  • 3. 富山平見道5分地図

    とみやまひらみみち

     富山平見道に残る約200mもの石畳は大辺路最大。田子から富山平見へ上がる古道は、海岸沿いの道から望む景色が美しく、南紀の海の香りや風も楽しめます。曲がりくねった木の根がはう道や照葉樹林の林は、紀伊山地の霊場と参詣道に相応しいものです。

    • その他
    住所
    東牟婁郡串本町田子619
    電話番号
    なし
    営業時間
    散策自由
    定休日
    散策自由
    料金
    散策自由
    駐車場台数
    なし

    images

    徒歩で30分

  • 4. 徳大明神社20分地図

    とくだいみょうじんじゃ

    国道42号脇に鎮座するのは、江田組大庄屋を務めた豪商浦氏の先祖が造営したと伝えられる徳大明神社。熊野地方では丸石を信仰する風習が多く見られますが、この徳大明神社の境内にも、多くの丸石が置かれています。丸石は「力石」とも呼ばれ、成人や信仰の証しとして石を持ち上げる神事が行われたといわれています。

    • 社寺関係
    住所
    東牟婁郡串本町江田
    電話番号
    なし
    営業時間
    参拝自由
    定休日
    参拝自由
    料金
    参拝自由
    駐車場台数
    なし

    images

    徒歩で5分

  • 5. 八瀬寿司60分地図

    はつせずし

    地元客はもとより、古道ハイカーにも人気の寿司店。ランチタイムも営業しているため、道中に立ち寄ることができます。勝浦産の新鮮なマグロが大胆にのったまぐろ丼1050円や、上にぎり1700円がおすすめです。

    • 飲食関係
    住所
    東牟婁郡串本町江田468-1
    電話番号
    0735-66-1218
    営業時間
    11:00~20:00
    定休日
    火曜休
    駐車場台数
    P4台

    images

    タクシーかコミュニティバスで約6分

  • 6. 串本海中公園1時間10分地図

    くしもとかいちゅうこうえん

    串本の海に生きる約500種の生き物や、恐竜時代の巨大ウミガメ「アーケロン」の実物大彫刻模型を展示する水族館。ウミガメの赤ちゃんのタッチングやマグロの餌やり体験が楽しめるほか、海中展望塔では、水深5mの海の世界に棲む生き物たちが繰り広げる、大自然のドラマを間近に見ることができます。

    • 体験
    住所
    東牟婁郡串本町有田1157
    電話番号
    0735-62-1122
    営業時間
    9:00~16:30(水族館・海中展望塔)
    定休日
    無休
    料金
    水族館・海中展望塔入場料=1800円
    駐車場台数
    P200台

    images

    無料送迎バスで15分

  • 終点. JR串本駅

秘話

  • images

    秘話 1枯木灘周辺の風土を特徴づけた「平見」地図

    すさみ町から串本町にかけて枯木灘沿岸でみられる海岸に突き出たような平らな地を「平見」といいます。乾燥に強いサツマイモや麦の二毛作を行うため人びとは水利の便が良くない平見を開墾し、集落を形成しました。

    住所
    西牟婁郡すさみ町見老津
    電話番号
    0739-34-3200 (すさみ町観光協会)
    営業時間
    散策自由
    定休日
    散策自由
    料金
    散策自由
    駐車場台数
    なし

インスタ
映え

  • images

    インスタ映え 1婦夫が出会う不思議な恋人岬地図

    岩場の両脇から波が内側に寄せる婦夫波が見られる恋人岬。陸繋(りくけい)砂州が形成されつつある岬と陸の黒島間の両側から波が打ち寄せる不思議な光景がみられます。「夫」よりも「婦」が前にくる名称もおもしろい。

    住所
    西牟婁郡すさみ町見老津
    電話番号
    0739-34-3200 (すさみ町観光協会)
    営業時間
    散策自由
    定休日
    散策自由
    料金
    散策自由
    駐車場台数
    なし

立ち寄り
スポット

  • images

    立ち寄りスポット 1飛渡谷道地図

    とびやたにみち

    2016年に「紀伊山地の霊場と参詣道」のひとつとして世界遺産に追加登録された古道。387.30mと比較的短い区間ながら、苔むした石畳&うっそうと茂る木々に包まれており昔ながら風情が漂っています。

    • その他
    住所
    東牟婁郡串本町田並
    電話番号
    073-422-4631(和歌山県観光連盟)
    営業時間
    散策自由
    定休日
    散策自由
    料金
    散策自由
    駐車場台数
    なし
  • images

    立ち寄りスポット 2清水峠地図

    しみずとうげ

    串本町田原より那智勝浦町浦神へとつながる峠は、2016年に世界遺産に追加登録され、古道ファンから注目を集めています。道の途中には「右上田原左大へち」と刻まれた振り分け石が現存しています。

    • その他
    住所
    東牟婁郡串本町
    電話番号
    0735-62-0557(串本町役場産業課)
    営業時間
    散策自由
    定休日
    散策自由
    料金
    散策自由
    駐車場台数
    なし
  • images

    立ち寄りスポット 3二河峠 地図

    にこうとうげ

    勾配が比較的緩やかで、ハイキング初心者にも人気の高い峠ルート。那智勝浦町二河からグリーンピア南紀へと続いています。2016年には近隣の峠とともに世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されました。

    • その他
    住所
    東牟婁郡那智勝浦町二河
    電話番号
    0735-52-0555(那智勝浦町観光企画課)
    営業時間
    散策自由
    定休日
    散策自由
    料金
    散策自由
    駐車場台数
    なし
  • images

    立ち寄りスポット 4駿田峠 地図

    するだとうげ

    国道42号線沿いにある勝浦観光ホテルから湯川温泉を結ぶ峠道。徒歩で約20分のルートで、初心者でも簡単に踏破することができます。途中、婦人の病にご利益があるとされる「加寿地蔵尊」が祀られています。

    • その他
    住所
    東牟婁郡那智勝浦町
    電話番号
    0735-52-0555(那智勝浦町観光企画課)
    営業時間
    散策自由
    定休日
    散策自由
    料金
    散策自由
    駐車場台数
    なし
  • images

    立ち寄りスポット 5ゆりの山温泉地図

    ゆりのやまおんせん

    地元民はもちろん、温泉ツウがわざわざ遠方から足を運ぶことでも知られる隠れた名湯。浴槽には源泉かけ流しの天然温泉の湯が、あふれんばかりに満たされています。ややぬるめの温度でゆったりのんびりの長湯にも最適。

    • 城・庭園・公園・温泉等
    住所
    東牟婁郡那智勝浦町二河9
    電話番号
    0735-52-5106
    営業時間
    9:00~22:00
    定休日
    火曜休(祝日の場合は営業)
    料金
    入浴料=300円
    駐車場台数
    あり

モデルコース  秘話  インスタ映え  立ち寄りスポット